郵政民営化後のサービス

2007年10月02日

郵政民営化スタート時点での諸問題

さていよいよ10月1日から郵政民営化がスタートしました。
夜間に実際郵便局に行ってきました。

制服と看板が変わった程度でそんなに今までと
何が変わったかわかりませんでした。

これはある意味楽ですが、利用者に恩恵がなければ
意味がないとも感じられますよね。

ちなみに混雑していて、相変わらず待たせっぱなしでした。
コンビニとかと比べると数百倍待たされた感じは持ちます。

それに簡易郵便局が一斉に閉鎖になったという記事を読みました。
これには驚きです。
過疎地域への配慮は本当に継続されるのでしょうか?
以下ヤフーニュースより抜粋です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071002-00000201-yom-soci

全国で簡易郵便局の閉鎖が相次いでいる問題で、郵政3事業が民営化された1日、長野県や北海道など16道県の68局が一斉に閉鎖された。

 日本郵政公社から業務を委託されていた個人や農協などが民営化を機に受託を打ち切ったためで、一度に閉鎖された局数としては、2003年4月の郵政公社の発足以降で最多という。郵便窓口業務を担当する郵便局会社は「新たな委託先を探している」とするが、再開が難航する簡易局も多そうだ。

 郵便局会社によると、閉鎖されたのは長野県で19局、北海道で16局、鹿児島県で6局、三重県で5局、愛知、福岡、岐阜県で各3局など。1日現在の簡易局4299のうち、「一時閉鎖」は417局となり、8月末現在の310局から107局増えた。

年賀状

posted by 郵便局員 at 11:15| Comment(39) | TrackBack(2) | 郵政民営化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

かんぽの宿はどうなる?

かんぽの宿については郵政民営化後は日本郵政株式会社が運営を引き継ぎします。
一般の旅館やホテルと同等のサービスを展開しますので、簡易生命保険に加入されていないお客さまの利用料金の加算がなくなります。
ですので簡易生命保険加入確認書類を持って行く必要もなくなるわけです。

利用料金は今のところ現状維持を予定しているようです。
かんぽの宿メンバーズカードについては引き続き利用できるので破棄する必要はありません。

宿泊予約については6か月前の月の月初から受け付けておりますので、希望される施設に直接電話等で申し込みが可能です。

かんぽの宿お客様サービス室
0120-715294
posted by 郵便局員 at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | かんぽの宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

簡易生命保険契約の変更はできるか?

民営化後は完全に簡易生命保険という商品自体が廃止されるために、当然ですが簡易生命保険の新規契約はできません。
これに伴い、民営化前に加入した簡易生命保険の保証内容を変更することもできなくなります。
(財形住宅貯蓄保険、財形年金養老保険、財形終身年金保険を除く)

たとえば、保険期間の延長や、介護割増年金の増額といった、いわゆる保証内容を大きくしたりすることができなくなります。

変更増額、同種増額、保険期間延長、払込期間延長、介護割増年金の増額などです。

特約の変更や追加も当然できませんので注意しましょう。

途中で契約を変更される可能性がある方で新規に申し込みされたい方は、民営化後のかんぽ生命が提供するサービスの生命保険をご契約されるのが安心できると思います。
posted by 郵便局員 at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 簡易生命保険とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

郵政民営化後の政府保証

簡保の魅力は何といっても政府保証されていたことです。
しかし民営化後新たに契約される方はこの政府保証はありません。
ただし他の生命保険会社と同じく、保険契約者保護制度によって保護されるので一応安心できます。

では今までの簡保に加入されていた人は政府保証も切れるのでしょうか?
それは大丈夫です。
管理自体は管理機構が引き継ぎますが、保険金等の支払いついての政府保証はその保険の契約が終了するまでは保証され続けます。
posted by 郵便局員 at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 郵政民営化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

簡易生命保険の自振りはどうなる?

簡易生命保険の保険料の支払いを銀行などの自動振り込みにしている場合は何か手続きが必要なのでしょうか?
これも特に必要ありません。

今まで通常郵便貯金などから引き落としされている場合でも、民営化後の株式会社ゆうちょ銀行から保険料の自動引き落としが継続されます。
また銀行などの他の金融機関からの引き落としをされている場合でも特にその金融機関に何か手続きをする必要はありません。

通帳に印字される文字が民営化後に変わりますので、今まで記帳された文字とは違う印字がされますのでそこだけ理解しておいた方がいいと思います。
posted by 郵便局員 at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 郵政民営化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

民営化後のかんぽ手続きは?

民営化後のなにか手続きは必要なのでしょうか?

現在かんぽに加入されている方がおそらく一番気にされている部分だと思います。

答えから申し上げますと何も特別に手続きをする必要はありません。
もちろん民営化後に契約がしらないうちに破棄されているようなことも
ありません。
さらに保障内容が勝手に変わってしまうようなこともありません。
また現在加入手続きをしている人であっても再度すべての契約用紙を書きなおすような手間も必要ありません。

安心して大丈夫です。

民営化後に何か書類の不備や、各種手続きが必要な場合は最寄の郵便曲の窓口で今まで通り受け付けてくれるのでこれもさして心配する必要はないでしょう。

また保険証書そのものに民営化前の
「日本郵政公社」と文字が打たれておりますが、民営化後もそのままの証書が利用できますので、敢えて何かをする必要はありません。
ラベル:かんぽ
posted by 郵便局員 at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 民営化後のかんぽ手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

簡易生命保険とは

かんぽと略される保険がありますが、これはそもそも何をあらわしているのでしょうか?

簡易生命保険の略です。

今月いっぱい平成19年9月まで、郵便局で申し込みができる
「簡易生命保険に基づく生命保険」です。
10月以降の民営化に伴い簡易生命保険は廃止されるので
10月以降はもちろん加入できません。

では今までの加入していたかんぽについてはどうなってしまうのでしょうか?

基本的には何もしなくて大丈夫なのですが、
細かい点で多少変わる部分もありますので
詳細を順次掲載していきます。

いますぐくわいい状況を電話で知りたい方は
かんぽコールセンター
フリーダイヤル0120-552950
へおかけください。
posted by 郵便局員 at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 簡易生命保険とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

郵政民営化で何が変わる?

平成19年10月1日をもって日本郵政公社は民営化されます。
民営化といってもいままでの事業を分社化させて、より専門性のある会社が誕生します。
具体的には持ち株会社の「日本郵政株式会社」のもとで
「郵政事業株式会社」
「郵便局株式会社」
「株式会社ゆうちょ銀行」
「株式会社かんぽ生命保険」
の4つの会社に分けられます。

すべての業務は引き続き既存の郵便局を窓口に行われるそうですから
これといって迷うこともないでしょうが、
一応基本は押さえておかないといけません。

特に資産にかかわることは、あとでトラブルのもととなります。
不明な点はしっかり調べるか、直接窓口に行く必要があるでしょう。
またインターネットや電話でも調べられますので
これを見ている人ならパソコンができる状況だと思いますので
日本郵政公社ホームページにアクセスしてみましょう!
posted by 郵便局員 at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 郵政民営化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。